支払いについて

1月からスタディサプリ(スタサプ)を受講する時のお得な支払い方法。どうやって払うのが一番安い?

1月からスタディサプリを始めるときは、どの支払い方法をするのがいちばん安いですか?

 

1年・2年生はクレジットカードの年払い(12ヶ月プラン)、3年生はクレジットカードの月々払いががおすすめです

クレジットカードで支払うと、

・14日間の無料体験がある
・キャンペーンコードが使える

というメリットがあります。

キャリア決済・コンビニ決済は、キャンペーンが適用されないのでおすすめしません。

年払いをすると、3年生の最後の何か月が半端になりますが、解約すると返金されます。

安くするためには解約する日が重要なので、解約期限についてもまとめてみました。

 
 

\キャッシュバック実施中/
↓キャンペーンコードはこちら↓

【1年・2年生】クレジットカード決済(12ヶ月プラン)がおすすめ

>>3年生はこちら

1年・2年生は受講期間が1年以上あるので、クレジットカードの年払い(12ヶ月プラン)がおすすめです。

14日間の無料体験もあるし、1年で9,800円(税抜)なので、月々816円で受講できます。

例えば、1月21日に申し込みをすると、2月3日までは無料で、2月4日から翌年の2月3日までが9,800円で受講できます。

2か月で途中解約すると返金してもらえます

え?
これだと、3年の2月までってことよね?

2月に年払いで更新されちゃったら、払いすぎじゃない?

14日間の無料体験が終わったあとから数え始めるので、1月に申し込んだ場合、3年生の3月までの受講期間が

  • 1年生…2年と2ヶ月
  • 2年生…1年と2ヶ月

程度になる場合が多いです。

確かに、残り2ヶ月で年払いの更新がきてしまいますよね?

でも、年払いで支払っても、解約すると返金してもらえるので、月々払いと支払額は変わりません。


最初の1年単位の部分は、クレジットカードの年払いがお得なので、最初はクレジットカードの12ヶ月プラン(年払い)で申し込んで、受験が終わったら解約して返金してもらうというのが、いいと思います。

 

>>【スタディサプリ中学講座】申し込みはこちら
 
>>【スタディサプリ高校講座】申し込みはこちら
 

【3年生】クレジットカードで月々払いがおすすめ

3年生の1月から始める場合は、受講期間が1年に満たないので、クレジットカードの年払いにはあまり意味がありません。

(途中解約すると、月々払いの金額で計算しなおして清算されます)

・クレジットカードで月々払い
・コンビニで3月31日までの一括払い

のどちらかですが、「クレジットカードで月々払い」をおすすめします

支払う金額はどっちが安いか微妙なところなんですが、クレジットカードには、コンビニ払いにはない2つのメリットがあります。

  • 14日間の無料体験がある
  • キャンペーンコードが使える


特にメリットが大きいのが、キャンペーンです。

スタディサプリでは、かなりの確率でキャンペーンをやっていて、2,000円キャッシュバックなどもあります。

コンビニ払いで始めると、キャンペーンが適用されないんですよね…。

↓過去のキャンペーンの注意事項です。

  • 14日間の無料体験をする
  • キャンペーンコードを使う

この2つのメリットを受け取るために、クレジットカードでの支払いをおすすめします。

 
>>中学講座のキャンペーンコードを確認する
 
>>高校講座のキャンペーンコードを確認する
 

安く済ませるには解約するタイミングが重要

年払いで支払っていて、受講期間が9ヶ月以下だと返金されるんですが、日割り計算はありません。

解約日が1日遅れただけで、980円高くなることもあります。

3月31日まで待たなくても、受験が終わったタイミングで解約すれば安くなることもあります。

>>申し込み日ごとの解約期限のリストはこちら

例として、1月21日に申し込みをした場合で見てみますね。

最初に支払いをした日を「基準日」というので、覚えておいてください。

1月21日に申し込みをした場合

1月21日にクレジットカード払いで申し込みをすると、2月3日までが無料体験期間になります。

無料体験期間が終わった翌日の2月4日に最初の支払いをするので、この場合は2月4日が基準日になって、毎月「4日から翌月3日まで」を1ヶ月と考えます

住んでいる都道府県や、公立・私立によって、受験が終わるタイミングに差がありますが、1月21日に申し込んだ場合、

基準日の前日、

  • 3月3日まで
  • 4月3日まで

に解約すると、無駄なお金を払わずにすみます。

この基準になる日は、申し込んだ日によって違うので、一覧表にしてみました。

申し込み日ごとの基準日と解約期限

申込日 基準日(支払日) 解約期限(1ヶ月) 解約期限(2ヶ月)
1/1 1/15 2/14 3/14
1/2 1/16 2/15 3/15
1/3 1/17 2/16 3/16
1/4 1/18 2/17 3/17
1/5 1/19 2/18 3/18
1/6 1/20 2/19 3/19
1/7 1/21 2/20 3/20
1/8 1/22 2/21 3/21
1/9 1/23 2/22 3/22
1/10 1/24 2/23 3/23
1/11 1/25 2/24 3/24
1/12 1/26 2/25 3/25
1/13 1/27 2/26 3/26
1/14 1/28 2/27 3/27
1/15 1/29 2/27 3/28
1/16 1/30 2/27 3/29
1/17 1/31 2/27 3/30
1/18 2/1 2/28 3/31
1/19 2/2 3/1 4/1
1/20 2/3 3/2 4/2
1/21 2/4 3/3 4/3
1/22 2/5 3/4 4/4
1/23 2/6 3/5 4/5
1/24 2/7 3/6 4/6
1/25 2/8 3/7 4/7
1/26 2/9 3/8 4/8
1/27 2/10 3/9 4/9
1/28 2/11 3/10 4/10
1/29 2/12 3/11 4/11
1/30 2/13 3/12 4/12
1/31 2/14 3/13 4/13

 

基準日(申し込んだ日)の確認方法

でも、解約するのって、ずっと先の話よね?

申込んだ日なんて、きっと忘れてる…

普通は、申し込んだ日なんて覚えていないと思います。
(私も覚えていません)

・サポートWebから確認する
・受講申し込みメールを見る
・クレジットカードの利用明細を見る

など、いくつか確認方法があります。

サポートWebから確認する

保護者用のページの「サポートWeb」の「利用照会」で、「注文履歴」が見られるので、申し込んだ日が分かります。

これは、「申し込んだ日」なので、クレジットカードで支払った場合は、注文日の14日後が基準日になります。

受講申し込みメールを見る

申込みをすると、「スタディサプリ講座受講お申込みの確認」というメールが送られてきます。

そのメールには、「初回決済日」が書いてありますので、その日が基準日になります。

クレジットカードの利用明細を見る

正確な日付は覚えていなくても、だいたい何月に始めたかは覚えていると思うので、その月のクレジットカードの利用明細を見れば、初回決済日が分かると思います。

その日が基準日になります。

まとめ

12月にスタディサプリを始める場合は、

1年生・2年生はキャンペーンコードが使えて、年間の支払額が安くなる「クレジットカードでの年払い」

3年生はキャンペーンコードが使える「クレジットカードでの月々払い」

がおすすめです。

解約手続きをするときは、無駄なお金を払わなくていいように「基準日の前日」をチェックしてくださいね。

 

>>【スタディサプリ中学講座】申し込みはこちら
 
>>【スタディサプリ高校講座】申し込みはこちら